【Ubuntu20.04 LTS】ノートPC用設定

更新日:

Ubuntu20.04 LTS ノートPC用設定

 

 
この記事ではUbuntuをノートPCに最適化させる方法をご紹介します。

過充電を防ぐ

端末でコマンドを実行します。

・電源管理プログラム tlp をインストール

sudo apt install powertop tlp tlp-rdw

・tlp を起動

sudo systemctl start tlp

・スタートアップに設定

sudo systemctl enable tlp

バッテリー充電・放電のしきい値を設定

そのままの設定でも十分なので、この項目はスルーしても良いです。

・設定ファイルを編集

sudo nano /etc/tlp.conf

「START_CHARGE_THRESH_BAT0」は充電開始%
「STOP_CHARGE_THRESH_BAT0」は充電停止%
 

 
先頭の#を削除して、「START_CHARGE_THRESH_BAT0」「STOP_CHARGE_THRESH_BAT0」の数値をそれぞれ変更します。
以下の数値を参考に設定して下さい。
 

 

条件 充電開始 充電停止
バッテリー駆動で運用が多い(充電をあまりしない) 85 90
電源に繋げたまま運用 40 50
バランスタイプ 50 80

 

 
数値を書き換えたら 「Ctrl + O」→「Enter」で保存、「Ctrl + X」で終了します。

・設定を適応

sudo systemctl restart tlp

・tlp を起動

sudo systemctl start tlp

蓋を閉じてもスリープにしない

ノートPCを閉じてもスリープにしないよう設定します。
普通にスリープになって欲しい方はスルーして下さい。

この設定は次のような人におすすめです。

  • 長時間のDLやファイルの書き出し等をよくする。
  • クラムシェルモードにしたいが、PCを閉じたらスリープになってしまう。

・設定ファイルの編集

sudo nano /etc/systemd/logind.conf

・一番下に追記

HandleLidSwitch=ignore

「Ctrl + O」→「Enter」で保存、「Ctrl + X」で終了します。

・サービスの再起動

systemctl restart systemd-logind.service

無操作時のスリープ無効

キーボードやマウスの入力が一定時間なかった場合にスリープになってしまう機能があります。
特にリモートで繋げることが多い場合はこの設定を適応しましょう。
この機能も必要がない場合はスルーして下さい。

・自動スリープの無効

sudo systemctl mask sleep.target suspend.target hibernate.target hybrid-sleep.target

有効にしたい場合は

sudo systemctl unmask sleep.target suspend.target hibernate.target hybrid-sleep.target

まとめ

今回はバッテリーやスリープに関する設定を行いました。
ノートPCにまで対応しているUbuntu…凄いです…

コメント一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。